ライトコイン(LTC)の今後の相場予想!どこで買うのが一番お得?

ライトコイン(LTC)はビットコインのブロックチェーンテクノロジーを応用した第二の新生ビットコインです。

 

ビットコイン以上に決算処理を早く安くするために開発されたアルトコイン

 

2018年初めに起こった高騰がまた2018年にも訪れるのか?動向が注目を集めているライトコインの今後の相場予想と、買い付けにお得な取引所についてまとめました。

 

仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?

ライトコイン(LTC)は、2011年10月にリリースされたアルトコインです。

 

ブロックチェーンテクノロジーを使った「P2P(ピアツーピア)」というお互いがサーバーとなりクライアントとなる中央集権型でないシステムが特徴

 

ビットコイン同様にライトコインを管理する団体は存在せず、マイニングを行う不特定マイナーによって採掘される仮想通貨。

 

 

ビットコインが発行されたすぐ後に開発されたライトコイン(LTC)は、決算用目的のツールとしてビットコインの補助的な役目をするために登場しました。

 

ライトコイン(LTC)の開発者である元グーグルエンジニアのCharlie Lee氏は、ビットコインを金に例えるなら、ライトコイン(LTC)は銀だと表現しています。

 

ライトコイン(LTC)とビットコイン(BTC)の違いは?

ライトコイン(LTC)はビットコイン開発の後に発表された仮想通貨で、ビットコインとは属性が非常に類似しています。

 

2つの仮想通貨の相違点をまとめました。

 

送信時間が圧倒的に短い

ビットコイン(BTC)の送金にかかる時間は平均10分。

 

一方ライトコイン(LTC)は、2.5分と約4分の1に短縮されているのが大きな特徴

 

送金確認作業にかかる暗号の認証作業が高速化されたことによって、ビットコインの弱点を補う進歩を遂げています。

 

決済用のために開発されたビットコインの時間のロスをはるかに短縮することができるライトコイン(LTC)は、実用的な使用価値がビットコインより高いと言えるでしょう。

 

発行量の違い

ビットコイン(BTC)の発行数は、2100万枚が上限でした。

 

ライトコイン(LTC)は8400万枚と4倍もの発行量があります

 

この4倍という数字は偶然ではなく、ビットコインよりも4倍の速さで情報処理ができるため、その分多くの枚数が発行できるという単純計算によるものです。

 

ビットコインが10分に1枚マイニングされるのに比べ、4分の1の2.5分でマイニングできるライトコインが枚数が多くなるのは当然の原理ですね。

 

 

※マイニングとは
ブロックチェーンテクノロジーを利用して取引のデータを、不特定多数のマイナー(マイニングする人/個人や団体)がデータをブロックに生成し、データの整合性を計りながら取引の認証と確認を行う作業です。

 

これは取引が行われると世界中のマイナーのコンピュータが一斉に競争状態で確認作業を行い、最初の成功者に報酬がビットコインで支払われる仕組み。

 

この工法が鉱山の採掘に似ていることからマイニングと呼ばれるようになりました。

 

暗号化方式の相違

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)には使用されていなかった「Scrypt」が採用されています。

 

GPU(Graphics Processing Unit)というコンピュータの動画や画像の高速処理のために使われるシステムを活用

 

ビットコインが行うCPUという一般のコンピュータに搭載されている中央集積回路とは異なり、マイニングの性能が高くなっていることが特徴です。

 

ライトコインは、GPUマイニングをするのではなく、「Scrypt」という暗号化によって一般コンピュータでも処理が可能になるテクノロジーを採用したことで革新の進歩を遂げています。

 

ライトコイン(LTC)は、分岐の確率が高い

ライトコイン(LTC)の分岐とは、マイニングが高速で行われるようななった分、同時にたくさんのブロックが生成されます。

 

たくさんのマイナーにマイニングのチャンスがあるということは、単純に考えて、報酬が得にくくなるということが言えます

 

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)に比べて安全性が低い

ライトコイン(LTC)の承認時間が容易になるということはそれだけ簡単にハッキングがしやすくなったという反面があります。

 

ビットコインの認証に時間がかかるのは、取引データの改ざんや二重支払いのチェックを入念に行うためで、ライトコインは、そのプロセスが簡略化されています。

 

速さを追求したがための産物として、セキュリティの不安定さが問題視されていることも確かです。

 

ライトコイン(LTC)のチャートの流れを探る

ビットコインが現在の高値を付けている背景には、ここ数年で政府関係からのバックアップが影響していると言えます。

 

この流れを受けて、他の仮想通貨も同様に法定通貨と同じような扱われ方をする兆しが見えてきました。

 

ライトコイン(LTC)は、過去1年間で劇的な拡大を遂げた仮想通貨の一つでもあります。

 

2017年初めライトコイン(LTC)の価格は、わずか$4でした

 

ところが同年末にはなんと$371という高値をつけ、年明けの2018年1月の時点では$178で落ち着きを見せています

 

この2000%とという驚異の高騰を見せた2017年は、ライトコイン(LTC)のデジタル資産としての透明化を見せつける結果となりました。

 

アルトコイン(LTC)が次の仮想通貨のバブルを作り出す

アルトコインのトップを走るイーサリアム(ETH)は、ETHに価値をもたらしているICOの数の上限を呑み込めていません。

 

またブロックチェーンのハッキングに関するETHの対策に対して開発幹部は今後どのような対策を講じていくか、明らかな道筋がつかめていない状態でもあります。

 

 

このような競合仮想通貨の流れを、ライトコイン(LTC)のCharlie Lee氏はチャンスと考えています。

 

ライトコインユーザーにはソーシャルメディアなどで、現状の技術更新情報をレポートし、将来の見通しについても検討がつけやすい状況を整えていると語っていました。

 

 

ライトコイン(LTC)が自社の価格高騰を$90と予想した際、実際の高値はそれ以上を記録しました。

 

この事実をうけ、一般投資者が次の高騰の機会を狙い、ライトコインに今まで以上に注目が集まっています。

 

 

Forbes誌、インサイダーファイナンシャル誌、プロフィットコンフィデンシャル誌はこぞって、本格的な投資のターゲットにライトコインを挙げています

 

同時に高値で安定を続けているビットコインのユーザーは、先行きの長期計画の不透明さに関心と信用を失いつつあるのが現状です。

 

ブロックチェーンテクノロジーの次の安心株としてライトコイン(LTC)に投資家が移行して利益を売ることは容易に予想が付く事でしょう。

 

ライトコイン(LTC)の過去のチャートからみる相場予想

仮想通貨の価格高騰によくみられる傾向ですが、会社の技術更新やアップデートのニュース発表によって、一時的に価格が高騰するのは非常にナチュラルな現象です。

 

ライトコイン(LTC)も例外に洩れず、2017年の4月頃を皮切りに何度かの価格高騰を繰り返しています。

 

過去のチャートから見る価格推移をまとめました。

 

 

1回目の高騰理由となるイベント「Segwit(セグウィット)導入」

ライトコインの1回目の高騰が確認されたのは、2017年4月。

 

4月にアルトコインにSegwit(セグウィット)が実装されたことを受けて価格が上昇しました

 

その後同年5月11日に実際の導入が発表され、一時$50近くまで値を上げています

 

このSegwit(セグウィット)とは、ブロックチェーンの生成ブロックを圧縮して送信し送金スピードを上げるシステムです。

 

2回目の高騰理由となるイベント「仮想通貨ブーム」

2017年12月から翌年初めにかけて、ライトコインが2回目の高騰を見せます。

 

$400近くまで高値を付けたライトコインは、2018年1月には$170前後で落ち着きを見せました。

 

この現象は、仮想通貨全体の市場が盛り上がったための相乗効果で、一時的な反応と解釈するのが妥当でしょう。

3回目の高騰理由となるイベント「LitePay」

3回目の高騰は、2017年12月にリリースした「LitePay」の影響で、比較的順調に2018年2月まで価格は$150〜$250の値幅をキープしていました。

 

「LitePay」とは、ライトコインの支払い端末のことで、ビットコインにはすでに「BitPay」が存在します。

 

「LitePay」はビットコインよりも手数料が安く、価格変動の影響を受けずに銀行口座に反映できることと、デビットカードも使用できる端末

 

 

LitePayカードを申し込むとライトコインウォレットを通して、USドルの読み込みが0%手数料で可能になることや、VISAデビットと提携し、世界40か国以上で使用可能になることが魅力です。

 

最大のメリットは、ライトコインを法定貨幣ドル、ユーロ、ポンドなどに即時に変換出来るだけでなく、手数料が一切かからないためユーザーに非常にベネフィットのあるシステムでした。

 

順調に見えていた「LitePay」でしたが、導入開始からわずか1ヶ月という速さで3月下旬にサービス終了を迎えてしまいます。

 

その直後の会見で開発者Charlie Lee氏は、Litepay開発側とライトコイン財団との提携が上手くとれていなかった。

 

資金繰りに頭打ちがあったのが原因なので、一時Charlie Lee氏のライトコインから退くというような意向があったと語っていたようですが、2018年4月12日「LitePay」が再開されています。

3回目の高騰をあおったイベント「ライトコインキャッシュ誕生」

「Litepay」の導入時期と同じくして、ハードフォークによって生まれた「ライトコインキャッシュ(LCC)」が登場しました。

 

この展開を受けて2018年2月当初から、$100後半だった価格は、一度に$250代に高騰し、値幅が上下する動きを見せました。

 

 

「ライトコインキャッシュ(LCC)」は、ライトコインの10倍もの8憶4000万個の発行が予定され、1ライトコインにつき10ライトコインキャッシュが配布されています。

 

ライトコインキャッシュの最も注目するべき点は、ビットコインのマイニング機でライトコインキャッシュが手に入るメカニズムです。

 

仮想通貨ナンバーワンの流通量を誇るビットコインのユーザーをライトコインへ確保する為の誘導的対策と考えられています。

 

ライトコイン(LTC) 2018年の予想イベント「LitePal」導入

ライトコイン(LTC)の新サービス「Litepay」の一連の騒動が起こる少し前の2018年2月4日、ライトコインの開発者Charlie Lee氏はツイッターを通して、新しい決済システムの開始を2018年後半に予定していることを表明しています。

 

このサービスは「LitePal」と呼ばれ、ウェブサイトの発表によるとユーザーは、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、PayPal、WesternUnionが使用可能になるようです。

 

 

ライトパル側の見解では、ライトコインを使った最初の決済方法として導入される予定で、極々最小の手数料によって、複雑な送金作業を単純化したライトコインによる商品購入ができるシステムを投入する計画。

 

USドルからどんな紙幣にも換算でき、一律1%の手数料で入金が可能になるシステムです。

 

クレジットカードの使用は、入金においては3%のチャージを予定。

 

 

この新しいライトコインの決済システムの導入を受けて、アメリカクレジットカード決済処理を提供するAliant Payment Systems(アライアントペイメントシステムズ)との提携もすでに締結しており、着実に導入への足並みをそろえていると言えるでしょう。

 

2018年未明に導入されるこの「LitePal」システムの発表と稼働が行われるようになれば、過去のイベント同様、ライトコイン(LTC) のさらなる高騰を期待できることは間違いありません。

 

ライトコイン(LTC)をお得に買うことができるのはどこ?

仮想通貨の投資で、売買をお得に行うには板取引ができる取引所がおすすめです。

 

仮想通貨販売所は店頭売りなので、手数料がかかるのが一般的で、スプレッドも広く設定されている所が多くあります。

 

ただし、仮想通貨が初めてという方は、取引に慣れるまで、販売所を利用することで損失のリスクを回避できる可能性も大いにあります。

 

ライトコイン(LTC)をお得に買うための、3つのおすすめサービスをご紹介します。

 

BitPoint(ビットポイント)

ビットポイントは、取り扱い仮想通貨の種類は多くはありませんが、主要と思われる通貨は網羅しています。

 

本格的なトレードの醍醐味が味わえるMT4の搭載も、中級、上級トレーダーには非常に人気のツールです。

 

ライトコイン(LTC)をお得に取引できるビットポイントの特徴をまとめました。

 

<取り扱い仮想通貨とペア>

BTC/JPY、BTC/USD、BTC/EUR、BTC/HKD(香港ドル)、BCH/JPY、ETH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPY

 

<BitPoint(ビットポイント)手数料>

取引手数料:現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFX取引全て無料

 

口座管理料:口座開設、口座管理全て無料

 

入出金手数料:法定通貨即時入金サービス(JPY)無料
       法定通貨(JPY)入金振り込み手数料実費
       法定通貨(JPY)出金手数料実費

 

送受金手数料:仮想通貨受金(預入)無料
       仮想通貨送金(送付)無料

 

※レバレッジ取引は建玉管理料発生、ビットポイントFX取引はスワップ費用発生

 

<BitPoint(ビットポイント)でライトコイン(LTC)を買うメリット>
ライトコイン(LTC)が日本円建てで取引ができる

ライトコイン(LTC)の取り扱いはビットコインとのペアで取引されることが多く、特に取引所では円建て扱いを採用している所が少ないのが現状です。

 

ピットポイントは、現物取引手数料が無料の上に、LTC/JPYペアの取り扱いがあるため投資がしやすいのがメリット

 

送金手数料も無料で、仮想通貨をお得に運用することができます。

 

MetaTrader4(メタトレーダー4)の採用

ビットポイントは、金融機関の取引ツールとしてメタトレーダー4を採用しています。

 

インストール型のリッチクライアント形式アプリケーションの他、スマートフォンで使用できるiPhone、IPad、アンドロイドに対応したアプリを提供

 

MT4のメリットは、自動売買、バックテスト、裁量取引が可能であること

 

過去のデータを分析しながら価格設定ができるスペックは、EA(自動売買プログラム)を形成するために非常に役に立ちます。

 

トレーディングビューを起用している取引所でも、チャートやインジケーターの癖をちょうせいするのが面倒なツールも多い中、MT4は投資の上級者でも納得のいくパフォーマンスが期待できる満足のスペックが人気です。

 

ビットポイントFXが活用できる

仮想通貨の現物取引以外に、ビットポイントはFXのサービスを併用しています。

 

一般的にボラティリティの安定しない仮想通貨取引では、FX(外国為替取引)が合わせて活用できるビットポイントは、仮想通貨資産を広く運用でき利益を得やすくなるサービスと言えます。

 

仮想通貨間の送受が可能

ビットポイントのメリットは、仮想通貨間の送受が可能ということ。

 

特にアービトラージ取引などで利益をあげる投資では、ビットポイントは仮想通貨の送受手数料もかからず、瞬時に資産運用が可能になる投資者にとっては嬉しいサービスです。

 

※アートビラージ取引:最大の利益幅を得るために買いと売りを別取引所や別販売所を利用して行うトレード方法。

 

レバレッジが最大25倍まで可能

ライトコイン(LTC)を安く買って大きく利益を得るためには、ある程度の資金投入も必要です。

 

ただ価格がすでに$100以上をマークしているようなライトコインの場合一度に多額の資金を投入するとは容易ではありません。

 

ビットポイントは、レバレッジの設定が、2倍、5倍、10倍、25倍の4段階に分かれています。

 

準備資金が少額でも、レバレッジとビットポイントFXを併用して大きく資産運用を行うことが可能になります。

 

Bitbank(ビットバンク)

ビットバンクは、アルトコインが安値で買うことができる取引所として人気があります。

 

ビットコインのCEO廣末紀之氏が2018年4月に日本仮想通貨交換業協会の副会長に就任し、ブロックチェーン推進協会などにも所属していることから、権威のあることでも知られています。

 

2017年9月29日に正式に金融庁の仮想通貨交換業として認可が下りたことを受けて、仮想通貨取引の手数料無料試行を行っています。

 

期間限定のお得なキャンペーンを利用して、お得な取引が可能な取引所。

 

<取り扱い仮想通貨とペア>

XRP(リップル)/JPY、LTC(ライトコイン)/BTC、ETH(イーサリアム)/BTC、MONA(モナコイン)/JPY、MONA/JPY、BCH(ビットコインキャッシュ)/JPY、BCH/BTC

 

<Bitbank(ビットバンク)の手数料>

取引手数料:売買手数料メイカーテイカー共全てのコインペア取引手数料無料(キャンペーン対象)
※メイカー:指値取引・テイカー:成行取引

 

口座管理料:口座開設、維持費共に無料

 

入出金手数料:日本円入金手数料全て無料
       日本円出金手数料3万未満540円、3万以上756円

 

送受金手数料:仮想通貨受金手数料無料
       仮想通貨送金手数料LTC/0.001LTC

 

<Bitbank(ビットバンク)でライトコイン(LTC)を買うメリット>
キャンペーン中なら仮想通貨全ペア取引手数料無料

現在2018年9月30日までの期間中、ビットバンクでは、すべての仮想通貨ペアが手数料無料で取引ができるキャンペーンを行っています。

 

ライトコイン(LTC)はビットコイン建てでのみ取引が可能ですが、現在すでにビットコインを保有しているユーザーには非常に有利なキャンペーンです。

 

※2018年6月30日までのキャンペーンが6月8日の発表で9月30日までに延長されることになりました

 

「仮想通貨を貸して増やす」サービス活用

ビットバンクは、2018年5月25日「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始を発表。

 

このサービスはビットバンク取り扱いすべての通貨に適応されるもので、ビットバンクとユーザーの間で1年間の仮想通貨貸借取引契約を締結し、利用料として最大5%の利率を受け取れるという仕組み

 

運用が上手にできていない眠っている仮想通貨をビットバンクに一時貸すだけで、1年後に利用料として利益がうまれるという新しいサービスです。

 

チャート機能強化へのグレードアップ

ビットバンクのトレードチャートは他の取引所と比較してみ安いと以前から評判でもありましたが、2018年5月31日にチャートの機能がさらに強化され、使いやすくなっています。

 

追加されて使いやすくグレードアップした機能はつぎの5つ。

・1.描画ツールのインジケーター表示と追加
・2.チャートの時間足を変更する
・3.チャートの種類をローソク足から変更
※ローソク足(始値・高値・安値・終値をローソクの形のように表した図形)
・4.インジケーター使用方法
・5.選択方法の保存が可能になる

 

セキュリティ対策が万全

2018年1月に仮想通貨業界を震えさせるコインチェックのハッキング事件はまだどなたの記憶にも新しいことでしょう。

 

仮想通貨取引において、セキュリティ対策は資産運用を安全に行うために非常に重要な要素です。

 

ビットバンクは、コールドウォレットを採用し、会社資金と顧客資金を別に保管し、オフライン式で管理することによって、ハッキングの危険を最小限に抑えることが可能になりました。

 

またホットウォレットから万が一情報が漏洩したとしても、複数の秘密鍵によって構成されたマルチシグによって保護されているため、バックアップ用のパスフレーズさえも読み取られる危険はありません

 

ブロックチェーン大学校開口

ビットバンクは、国内で唯一のブロックチェーンエンジニア向けの教育プログラムが受けられる学校を開設しています。

 

ブロックチェーンの基礎となったビットコインの補助的役割を果たすコインとして開発されたライトコイン(LTC)は、ブロックチェーンテクノロジーの影響をそのまま受け継いでいる技術。

 

ブロックチェーンテクノロジーが発表されてから8年間、世界では新しい技術改新のためにたくさんの研究や学習が行われ、日々技術革新が起こっているジャンル。

 

最初にビットコインを考案したサトシナカモトが日本人だったにも関わらず、技術進歩やテクノロジーへの理解が一般にはなかなか浸透するところまでに至っていません。

 

ビットバンクでは、エンジニアを中心とした人材育成のためのプログラムを公開し、ブロックチェンテクノロジーの更なる改新へ力を注いでいます。

 

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

GMOコインは、先述の2件とは異なり、仮想通貨販売所です。

 

取引所は、板取引ができるため安い価格でライトコイン(LTC)を購入できるメリットがありますが、常にチャートや価格動向などに敏感でなければなりません。

 

ライトコイン(LTC)に投資を考えているけど技術的におぼつかないという方には、手数料が無料のGMOコインがおすすめです

 

<取り扱い仮想通貨>

BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)

 

<GMOコインの手数料>

取引手数料:仮想通貨現物売買手数料無料、仮想通貨FX新規注文、決済注文手数料無料
※建玉金額の0.04%別途発生(建玉をよく営業日に持ち越した場合)
 レバレッジ手数料は別途発生
入出金手数料:日本円即時入金手数料無料(振り込み手数料は別途発生)
       日本円出金手数料無料
       仮想通貨入出金手数料無料(マイナーに支払う手数料負担あり)

 

<GMOコインでライトコイン(LTC)を買うメリット>
日本円建てでわかりやすい

GMOコインは、取り扱うすべての仮想通貨が円建てで取引されます。

 

ライトコイン(LTC)の投資が初めても方でも円建てでわかりやすいのが特徴

 

とにかくライトコインの買い付けをという方はおすすめの販売所です。

 

販売所なので取引が簡単

GMOコインのような仮想通貨販売所のメリットは、自分でチャートをみたり価格設定のための分析をする手間が省けるところです。

 

設定する必要があるのは、売値と買値のみ。

 

あとの作業は、GMOコインの取引ツールが管理を行ってくれますので、投資金額が決まっているユーザーには、資金の上限を超えることなく自分の意図した価格で取引をすることが可能です。

 

初心者でも使いやすいツール

GMOコインは、スマートフォンを使って瞬時に対応ができる「GMOコイン仮想通貨ウォレット」と「ビットレ君」を導入しています。

 

「GMOコイン仮想通貨ウォレット」は、口座開設申し込みから日本円の入金、仮想通貨の購入、送付の機能が充実している上に、操作が簡単なことが特徴

 

仮想通貨の資産管理が画面一つで行える初心者にも嬉しいスペックが受けています。

 

ウォレットには「ウィジェット機能」が搭載され、ライトコイン(LTC)のみならず、GMOコインで取り扱いのある仮想通貨の動向が一目でわかる仕組みです。

 

 

GMOコインの「ビットレ君」は、ライトコイン(LTC)を仮想通貨FXでも取引ができるスペックが好評です。

 

FX取引には欠かせない、リアルタイムレート、建玉サマリー、建玉一覧、注文一覧、約定履歴などが、見やすい画面と配置でトレードしやすいのが特徴。

 

相場変動による売買のタイミングを逃さない「スピード注文」システムは、タップするだけで注文が完了する即時注文を操作するスペックです。

 

携帯画面でも見やすい5種類のチャートエリア設定や4種類のテクニカル指標といったトレードに役立つ機能が搭載されています。

 

スプレッドが比較的安い

GMOコインのように、仮想通貨の販売所は手数料が無料でも必ずスプレッド(売値と買値の差額分)が生じることで会社の利益を上げています。

 

GMOコインは取引手数料が無料ですが、スプレッドに利益分を乗せていますので、実状手数料を払っている計算になります。

 

大手の他の販売所とスプレッド比を比較してみましょう。

BitFlyer(ビットフライヤー)平均約5.3%
Zaif(ザイフ)平均約6.8%
GMOコイン平均約2.4%

GMOコインのスプレッドの平均は約2.4%と他の販売所と比較しても半分から3分の1に押さえられていることが分かります。

 

ライトコイン(LTC)の相場予想とお得に買う取引所のまとめ

ライトコイン(LTC)は、ビットコインの高騰が続いている現在、新たな投資先として徐々に人気が高まってきているアルトコインです。

 

ビットコインのブロックチェーンテクノロジーをさらに強化することが目的で開発されたライトコインは、まだまだ更なる技術更新の期待が持てる仮想通貨です。

 

2018年6月に入ってからのチャートの動向は、ボックス状態です。

 

下限$110〜上限$125の幅で安定を見せています。

 

ボックス上放れを起こしそうなチャートの様子から、買いのシグナルともとれる動向ですが、急上昇する時期は、2018年未明に導入されると見られている「LitePal」の発表がいつになるかによって決まってきます。

 

これから年末までの半年の間ライトコイン(LTC)から目が離せないと言えるでしょう